読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビネーションサラダ

コンビ推し箱推しの自己満足の独り言

たかいのオタ2年目の新参者が思うたかいのコンビの魅力

普段からたかいのというコンビに関しては「かわいい」「やばい」以上のことは何も言えていないという語彙力のなさですが、とりあえず4つにまとめてみました。 

 

 

①年下の先輩、年上の後輩

学年としては髙木さんが1つ上。

入所は伊野尾さんの方が2年以上先。

そんな2人の関係性の中でどっちが優先されているかというと入所順のようで、お互いの呼び方も基本的には「伊野尾くん」「髙木」となっています。

f:id:hszma:20170227192712j:plain

まあどちらかというと髙木さんが入所順を優先する傾向にあるのかなと思うんですが。

律儀でかわいいですね(早速かわいいでまとめようとするクズ)

 

なのでこんな風に伊野尾さんが髙木さんにちょっかいを出していることが多い。

f:id:hszma:20170227193918j:plain

この時点でもう髙木ブームなのでは

 

f:id:hszma:20170302220644j:plain

f:id:hszma:20170302220738j:plain

f:id:hszma:20170302220841j:plain

髙木イジリには余念がない伊野尾さん。

伊野尾さんが可愛がっている後輩ランキング、多分ベストスリー狙える。

(個人の感想です)

 

だからといって伊野尾さんが髙木さんを完全に後輩として扱っているかというとそうでもなくて、髙木さんの年上らしいところ(とは言っても実際この2人、誕生日3ヵ月程しか違わないですが)を伊野尾さんが挙げている場面は結構ある。「寒いと言ったら上着をかけてくれた」とか「くっついた生ハムを取ってくれた」とか「体調を崩した時に抱き起こしてくれた」とか「飛行機の中で安全のしおりを読んでくれた」とか、髙木さんの優しさ溢れるエピソードを嬉しげに披露していたりする。

 

 そして先日のラジオ。髙木ブームを公言した伊野尾さんは「兄弟でも違和感がなさそうなコンビ」を考えている中でも唐突に髙木さんの名前を挙げ、その弟に自分を選択。

 

 一方の髙木さんは雑誌にて、伊野尾さんを自分の妹ポジションに選択。

(もう一度言いますが妹です)

 

性別こそ違いますが本人同士の共通認識はあまりズレてはなさそう。

後輩でありながらも兄、先輩でありながらも妹(妹って)

 

 

②伊野尾さんが強火髙木担

前述のように髙木さんを優しいと言ったり、「リアクションがかわいい」とニコニコしていたり、キスマイとのコラボが決まった時には「髙木が一位になれると思う」とコメントしていたり。

髙木さんに関しては何でも全面的に褒める伊野尾さん。

f:id:hszma:20170228002319j:plain

髙木さんが描いた犬の絵もお気に入りのご様子。

 

強火が過ぎて激重髙木担になっている時もある。

誕生日に髙木さんからメールをもらって喜ぶものの、一緒についていた海の写真が自分だけのためのものではなかったと分かった時にはめっちゃ改行した上で「複雑」と自分の気持ちを表現。

 

JUMPing CARnivalのDVDでは、肩を組んでいた髙木さんが近くのカメラを教えるような素振りを見せたのにも関わらず髙木さんから全く目を反らさなかった伊野尾さん。

つい髙木さんも見つめ返し、2人の世界を作り上げていた。

 

 

③伊野尾さんの良き理解者、髙木さん

f:id:hszma:20170228234613j:plain

f:id:hszma:20170228234649p:plain

(髙木さんによる伊野尾さんのモノマネ、意外とクオリティー高いのでは)

 

対伊野尾さんにおけるJUMPメンバーはツンデレ気味な人もいれば完全伊野尾担な人もいる感じですが(個人の感想です)髙木さんは割と伊野尾さんを褒める方だと思う。

頭がいいといえば伊野尾さんだと思っているのか分からないが、パソコンを初めて買った時には何回も電話して使い方を聞いたらしい

また、伊野尾さんを「面白い」と評していることも多く、実際に伊野尾さんの発言や行動にひとり手を叩いて笑っていたりする髙木さんの姿がたまに見受けられる。

知念さんがゲストに来たらじらーの口説き対決後に至っては、『みんなかっこいいってゆうや』さんから「俺はいのちゃんのが一番だよ」というメールまで届いている。

 

あーやっぱね、髙木は分かってる。髙木は分かってるよ俺のこと

 

せやな…(最早言葉が出ない)

 

 

④何かとノリが合う

この2人、楽しそうにコソコソ話しているのはよく見かけられる割に、何を話しているのか謎なことが多い。

f:id:hszma:20170228231817j:plain

(これ距離感おかしい)

 

f:id:hszma:20170228231924j:plain

いや待って髙木さん楽しそう過ぎやろ(死)

 

f:id:hszma:20170228232048j:plain

そんな2人の会話が髙木さんによって珍しく具体的に再現されたのが、とある日のラジオ。髙木さんの話を元に文字にしてみるとこんな感じ。

 

I need  youってどういう意味なの

私はあなたが必要

I want youは?

あなたが欲しい

I love youは?

愛してる

それが聞きたかっただけ

やべーそれ超いいww

 

何だこのバカみたいな会話(※褒めています)

 

 

また、雑誌にて「髙木さんを笑顔にする裏技」を聞かれた伊野尾さんの答え。

ワキのにおいをかがせる!しかも、ふざけないで真剣にね。この裏技はね、髙木にしか効かない

 

君ら普段から何やってんのとしか言いようがない

 

他にも、タマゴサンドのおいしさに盛り上がっていたという某雑誌からの目撃情報もあったり。

夏にはサンダルを履き始めた報告まで行われていたらしい。

平和か。

 

『伊野尾くん、まだサンダルはかないの?』って聞かれたよ(笑)

 

つい最近、1年に1回程電話で1時間以上話してるというエピソードが飛び出したこの2人だけど、こんな調子であまり中身のない会話ばっかりしてそう(失礼)

この長電話のことを言わないように言っていたらしい髙木さん(かわいい)

f:id:hszma:20170302232049j:plain

「ギクシャクした関係の方が良いなって言ってたの」と言っていましたが、

 

f:id:hszma:20170302232221j:plain

おんぶで登場までしといて何がギクシャクなのか

 

ギクシャクっていう言葉の意味知ってる?いやむしろ私が間違っているのか(困惑)

 

 

 

そんなギクシャクコンビ、たかいのが好きという話でした。

どうもありがとうございました。